失ったものは取り戻せない|歯科医院で早期治療をしよう

最先端の医療技術が受けられる歯科を探そう

定期健診

歯科健康診断で張りある生活を

自分の歯が健康であれば、食べ物をしっかりかめるだけでなく、発音もなめらかで、表情も明るくなります。また、よくかむことによって脳が刺激され、痴呆予防に効果があることもわかっています。年をとるにつれて自分の歯を何本も失うと、たとえ義歯を入れたとしても好きなものが食べられなかったり、会話がしにくくなったり、急に老け込んで、生活に張りがなくなりがちです。そうなると、おのずと生活の質も低下してしまいます。これを防ぐためには、毎日の歯みがきや定期的な歯科健康診断など、歯の健康管理がとても重要なのです。「80歳で20本・生涯自分の歯で食べよう」歯の健康管理に積極的に取り組んでいくには、具体的な数字を目標にするのも有効です。たとえば、(8020運動)は、80歳になっても20本自分の歯を残そうというもの。

全身の健康チェックに

長寿の時代だからこそ歯の寿命も伸ばし、よりよく生きようという呼びかけです。上下28本ある歯のうち上4本、下4本程度をやむなく失っても、20本以上残っていれば、なんとか自分の歯でかむことができるといわれています。そこで(80歳になっても20本以上自分の歯を残そう)という目標が掲げられたのです。「健康チェックに歯科を活用」歯科医院への通院は、歯や歯肉はもちろん、からだ全体の健康管理にもメリットがあります。たとえば来院された患者さんの(そういえばこのごろ、粘膜がおかしく)などといった言葉から、口腔がんや舌がんが見つかるケースもまれにあります。口の中のがんは歯科医院の専門分野ですから兆候は見逃しません。また、口腔粘膜の荒れ具合から、内臓の病気の疑いがないかどうかなどを、アドバイスされることもあります。